更年期│京都市東山区 清水五条 ようこ女性のクリニック│女性ホルモン 閉経 など

  • 再診の予約はWeb予約へ

更年期

更年期とは

女性は30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量が徐々に減少していきます。そして50歳前後になると多くの方が閉経を迎えており、この閉経前後の年代とされる45~55歳頃までの約10年間を一般に更年期と呼びます。

更年期では、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、体がその変化に対応し切れず、様々な不調を招くようになります。この不調症状は個人差が大きく、その程度が非常に強い方から全く感じない方まで様々ですが、日常生活に支障を来すほどの症状が現れた場合、更年期障害と呼ばれています。

更年期障害は多種多様な不調が心身に現れますので、似たような症状の病気を見過ごしがちになります。更年期の症状と思っていたら実は、別の病気が体内に潜んでいたといったことも考えられます。症状の原因をはっきりさせるためにも、病院を受診し検査をすることが大切になります。少しでも体調が悪いと感じたら、お早めにご相談ください。

更年期障害の主な症状

体の症状

  • 体が重だるい
  • 立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせる
  • 動悸
  • 顔がほてる(ホットフラッシュ)
  • 手足の痺れ
  • 手足の冷え
  • 乳房の痛み
  • 大量の汗をかく
  • 関節の痛み
  • 体の痒み
  • むくみ
  • 皮膚や目、口の乾燥
  • 肩こり、腰痛
  • めまい
  • 頭痛、頭重感
  • 尿トラブル(頻尿、尿漏れ)
  • 性交痛
  • 抜け毛
  • 薄毛など

など

心の症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安
  • 情緒不安定
  • 意欲の低下

など

更年期障害の主な検査および治療

血液中の女性ホルモン量を測定することで、自分の女性ホルモンが今、どの程度なのか(閉経にさしかかっているか?)知ることができます。
更年期障害の治療では、低下したホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)、漢方薬などが用いられています。医師と相談しながら、ご自身にあった治療法を見つけてみてください。

再診の予約はWeb予約へ
© ようこ女性のクリニック All rights reserved.

ページ
TOPへ